活動予定




mtabeのスケジュール

18/05/20 耐久テスト
@グリーンパーク
18/05/27 フェニックス @鷹取公園
18/06/1-3 IRCC 2018 @セントレア
18/06/24 第2回 SQUARE 6時間耐久レース @グリーンパーク
未定 バギーカートで100km/hにチャレンジ @鈴鹿サーキット本コース


2018年5月16日水曜日

KSR 通院快速♪



首の調子が悪いので週1回病院に通っているんだけど、暖かくなってきたのでKSRで移動してみました。山間部の国道は信号もなくそこそこのペースで走れるので気分転換にはよいかも?片道30分ぐらいなので集中力も維持できて良いトレーニングになりそう。

131km→3.87L
33.9km/L

走行距離18,404km

2018年5月5日土曜日

RCハイジャンプ in 谷田部アリーナ


古賀さんが開催しているRCハイジャンプが谷田部アリーナで開催されました。
RCカーってどれぐらいジャンプできるんだろう?という素朴な疑問に答えるイベントです。

やってみるとわかるのですが、RCをジャンプさせようとするとジャンプ台の形や助走路、着地地点で車を保護する仕掛けなど一筋縄ではいきません。

何度もテストを行い完成したハイジャンプタワーがこちら!


高さ10メートルまで計測可能な支柱に10メートル四方はありそうなネット。スタート台に助走路、ジャンプ台で構成されています。



ルールは高跳びと同じで同じ高さに2回挑戦が可能。助走路のガードレールや支柱やバーに接触すると失格です。

オフロードレースの昼休みの時間に開催されたため参加人数は少なめですが、午後からの決勝に使う車で参加するチャレンジャーもあり、なかなかの盛り上がりでした。


ジャンプ専用のセッティングを施した車やレースで使用する車のリヤウイングをハズしただけの車などいろいろな車のさんかがありましたが私はフェニックス仕様のビートルで参加。ジャンプ台を駆け上がれるか不安でしたが無事にジャンプすることができました。

イベントの動画はこちら

迫力満点のビートルちゃん車載動画


運転者視点だとこんな感じ


くろぅどさんの試合風景


ヒロシ所長のアクロバット


森川号車載カメラ(前)


森川号車載カメラ(後)

2018年5月2日水曜日

KSR ステム調整



右ターンでステアリングの切れる速度が遅いのでステムの調整をしてみました。ナットを締めすぎのようで右側方向にステアリングを切ると渋い感じ。フックレンチをMonotaROでゲットして5度ぐらいゆるめてみた。左右の切れ込みに対する違和感が無くなって良い感じ。

病院までの往復で1時間ほど乗ってみたけど、ツーリング狙いとしてはギャップやわだちで少し動き過ぎかな?

久々に給油。
69km→2.26L
30.5km/L

走行距離18,273km

2018年4月22日日曜日

川崎フェニックス 第4戦





今月も2WDとビートルで参戦。ビートルは先月のままですが、2WDは前回の不調の原因を探るべくショックをメンテナンス。



1年間がんばったショックはコースの砂がオイルに混じって茶色い状態(汗)ひとまずオイルを抜いたまま組み立ててスピリングのマッチングを探ります。

フロントのロール剛性が奥の方で高すぎるのがコーナー出口のオーバーステア傾向の原因と考えフロントダンパーのサスアーム側の取り位置を内側に変更。リヤはスプリングを1ランクアップさせました。自宅前のアスファルト道路でのテストでは良さそうなバランス。少し原則時のリヤが抜け気味ですがコーナー出口でのオーバーステア傾向はコントロールしやすい感じ。オイルはリヤはそのままでフロントを100番堅くしてバランスを取ります。



予選1回目
2WDはやらかして10周14秒で15番手。今回初参加の山縣さんの後ろですwトップは11周の10秒。Aメのボーダーは11周あたりか?無難にまとめれば10周3秒ぐらいは狙えそうなので2回目にかけます。
ビートルはまずまずなペースで走行して9周13秒で4番手。タイトターンからの加速で少し遅れている模様。ベストラップで2秒ぐらい有るので今回はキビシイかな?

予選2回目
2WDは大きなミスも無く10周2秒で7番手。0.3秒差で相変わらすのBメインです。
ビートルはごつごつ当ててタイムアップできず。



決勝
2WDはBメのポールスタート。2番手の虫賀さんを押さえて走行しますがミスで自滅。後方から追い上げたとおもったらまたミスで順位を下げて6番手?でゴール。
ビートルは良い感じで順位を上げて3番手でゴール2ヶ月連続での表彰台となりました♪

2018年4月4日水曜日

NW-ZX300はじめました


iPod Classicが壊れちゃってから通勤中はiPad mini4+MDR-EX800STで音楽を聴いてたんだけど、この組み合わせだと音質はともかく電気的なノイズがすっごく気になる。ポタアン(PHA-1)と組み合わせると良い感じなんだけど通勤に携帯するのはちょっと大きめ。

そう言えばずいぶん前にNW-ZX1を試聴させてもらって良い感じだったなぁ〜と思ったらNW-WM1Zなんて機種に発展していたりする。製品のこだわりは魅力的だけど通勤に使うにはちょっと大きめ。WM1の精神をコンパクトにしたNW-ZX300がおもしろそうだなぁ〜と思っていたところでソニーさんのキャッシュバックキャンペーンが!

というわけで急遽やってきましたZX300さんですが最初の音はヒドイの一言!!こもっているというかクリアでないというか…(汗)。説明書に200時間ならしてくださいって書くだけのことはありますw

10時間ぐらい鳴らした状況での印象はPHA-1とはだいぶ違う感じ。S-Master HXの特徴なのか周波数特性がフラットなだけでなくダイナミックレンジ方向も凄くリニアな印象。どちらかというと以前試聴したZX1に近いかも?

2018年3月26日月曜日

川崎フェニックス 第3戦


今日はポカポカでテントを出す参加者がいるほど、ラジコンシーズン到来ですね♪
コースはスピードの乗るコーナーが多く前半はギャップも少なめ。後半のテクニカルなセクションはレースが進むと穴が増えていきました。



予選1回目
今回2WDは車体のセットを大幅に変更。リヤのメカニカルグリップを重視したのアンダー方向、ウイングは低めにマウントして低速コーナーからの立ち上がりを改善しつつ高速域でアンダーは出さないイメージ。

練習走行で実際に走らせてみるとナゾのオーバーステア(汗)自宅前の道路での試走では想像できない展開です。セットを変更する時間も無いのでそのまま予選に突入。初期がないわりに回り込みだしてからはオーバーステア気味でコーナリングスピードもイマイチ、さらに立ち上がりでは前に加速できません(涙)2回ほどマーシャルの手を借りつつ何とか完走、トップからは1周遅れでベストラップも1.5秒遅れでダメダメです。

京商ビートルはレギュレーションでストレートが速いがコーナーがおそいんだけど、今回のレイアウトは高速コーナーが多いのでそれほどハンデを感じない展開。前回苦労したストレートも全開でクリアできます。最初のうちはどんな感じかな?とビビっていましたが、その後走らせ方が見えてきたらタイムも向上。なによりこのクルマ走らせていて楽しいです♪トップから4秒遅れの3番手で予選1回目を終了。



予選2回目
2WDはウイングはそのままに足回りのせっとはいつものセットに戻してみることに。
走り出すと・・・いつもの動きです。ESCが今回から新しくなっているので少し立ちが良すぎる感じだけど手で合わせる事ができるレベル。なんとか3分間走りきって定位置の9番手。

ビートルはノーミスで走れば計算上3〜4秒稼げる計算。1周目からがんばって走行しますが、ワンミスでタイムアップせず終了。順位は4番手に落ちましたがベストラップはトップと変わらないレベルなのでレースでは良い勝負が出来るかも?



2WD決勝
序盤の混乱を抜けて2位に上がるもトップの桑野さんが速い!徐々に離れていくと後ろから内川さんが!!終盤までバトルする展開でしたが最後は競り負けて3位でゴール。



ビートル決勝
1周目の混乱を抜けてこれま2番手に、前に一村さんが見えますがなかなか追いつかない。1ヘヤで焦ってお椀に載って横転素早くレスキューしてもらえるも5番手に後退。そこから前に追いついたり追い越したりの展開で3位でゴール、フェニックス初の表彰台となりました♪



2WDでも表彰台争いにからみたいな♪



レース後には参加者で芝の補修。夏にはいっぱい生えてくるかな?

2018年3月8日木曜日

BLUE IS BEST !!


ラジコンに復帰して初めて買った本格的ブラシレスESCがLRPのSXXでモーターはX12の4.5Tクレストで12デビューしたときに使った組み合わせです。LRPのESCの良さはブレーキ。思ったところで思った様に減速できるので当時苦手だったクレスト1コーナーの速度調節が非常に楽になりました。

その後もSXX v2、FLOWと新製品を追っかけていましたが、やっぱりブレーキのフィーリングが素敵なのでLRPは外せない存在でした。(古い製品はブーストの細かい調整が出来なかったのでストックではTEKINを使ってました)



現在フェニックスで使っているアルティマに搭載しているESCはLRPのSXX ver2、もともとは2012年の1/12で全日本に参加する時に購入したもの。1セルモデで3.5Tを使ってたんだけどLRPの3.5Tは当時としてはオーバースペックで電池が足りず8分持たないし、ESCがオーバーヒートしちゃうのでファンを付けていました。ファンを前に置くだけでは効果が低かったのでダクトを自作してましたね。



これはSXX v2のフェニックスセット。モーターはX20 10.5T ギヤ比は31T/76T。自分のアルティマは3ギヤLDでオーバーステア気味なのでニュートラルブレーキを0にして全OFF時の巻き込みを穏やかにしています。定番のヨコモタイヤに対して十分なパワーがありアクセルが開けやすくリニアでストレートスピードも十分なのでこの組み合わせオススメです。



さらなるタイムアップを目指し低速コーナーのブレーキ力アップを狙ってFLOW HDの購入を検討していたところフタ産でNOSRAMのHDオフロードバージョンを発見保護しました♪

HDではブレーキがさらに進化していて4タイプのブレーキ制御のパターンがあります。高速で効きが良い低速での効きが良いなどコースや車の特性ドライバーの好みに合わせて変更する事ができます。ブレーキ名人のロナルドが開発に係わってるだけあってどのパターンも魅力的です。

4パターンブレーキで一番気に入ったのがBDX-0のSP70モード、コレが今までのSXX v2に比べてブレーキのききが強力!さらに扱いやすく変なタイミングでロックしません。コレならフェニックスの短いストレートの後のブレーキングで思い通りに減速できそうです。

LRP経営が大変て話も聞こえてきますがESCやモーターは他社には無い魅力有る製品なので復活して欲しいなぁ〜